フリー・オープンソースのグループウェア

MySQLで文字化けする場合の対策

MySQLのバージョンが4.1以降で、日本語が文字化けすることがあります。
MySQLが原因で文字化けが発生しているかどうかは、SQLiteを使用してセットアップを行うことで原因の切り分けが可能です。
文字化けした場合には以下の設定をお試しください。

MySQLのデータベースをUTF-8に設定する

MySQLのデータベースの文字コードを管理ツールphpMyAdminなどからUTF-8(utf8_general_ci等)に設定します。
すでにグループウェアのテーブルが作成されている場合は削除し、再度セットアップを行ってください。
データベースの文字コードの変更ができない場合にはテーブルの文字コードをUTF-8にします。
すでに挿入されているデータは文字化けしていますので、データを追加・編集してください。

PHPの設定を確認する

PHPの設定で、mbstring.encoding_translationがOnになっている場合は、Offに設定してください。

グループウェアの設定ファイルを変更する

MySQLのデータベースやテーブルの文字コードをUTF-8にしても文字化けが改善しない場合は、 グループウェアの設定ファイルを変更します。
設定ファイルは group/application/config.php です。
以下の行を変更します。

//データベース文字コード
define('DB_CHARSET', false);

//データベース文字コード
define('DB_CHARSET', true);

設定ファイルはUTF-8で書かれていますので、秀丸エディタやTerapadなど、UTF-8が編集できる エディタで編集してください。
(Windowsのメモ帳は文字化けの原因となりますので使用しないでください。)

編集した設定ファイルをサーバーにアップロードしてください。
初期のファイルを編集してアップロードした場合は再度セットアップを行ってください。
セットアップ後の設定ファイルを変更した場合にはセットアップは必要ありません。
すでに挿入されているデータは文字化けしていますので、データを追加・編集しください。

※グループウェアの設定ファイル変更による文字化け対策を行う場合、 PHP5.2.3以降、MySQL 5.0.7以降でmysql_set_charset関数が使用できる 環境で利用してください。

サポートページトップに戻る